アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Pというホテル
2007-09-07 Fri 14:40
ph2007

首都高4号線上りから撮影。Pホテルが見える。
工事中なのは、そう、西新宿ジャンクション。
完成すると高さ52メートルの7層構造になる。
7層。驚くほどの光景。



先日はヴェネチアン・マカオの取材。
あんなに賑やかな場所は私には似合わない。
正直、疲れちゃった。

帰国後、都心のホテルでのんびりしたい、そう願った。

私のお気に入りは、西新宿のPホテル。
でも、想い出が多すぎて、41階より高くには行けない。

それでも、一人ぼっちの日。
ここのフレンチレストランGでランチをとることが多い。

スタッフとはもう顔なじみ。

とびきり空いているときは、窓側のテーブルを用意してくれる。
41階からの都心の乱雑な風景は、なぜか心を癒してくれる。
混んでいるときは、人目を避けるように、ボックスシートに。
決まって日本経済新聞をそっと運んできてくれる。

帰り際。
「ホントはいけないんですけれど…」とはにかみながら、
2時間、ときには4時間の無料駐車券をそっと差し出してくれる。
こんなことで胸を熱くさせてくれる。そんなホテル。

この春に六本木にオープンした、「特別なホテル」R。
残念なことに、私が期待したRとは違っていた。
大阪のRのほうが格段にいい。

今月1日に登場したPホテル。
「愛称ペン」の至高ブランド。
日比谷交差点。お向かいが皇居と日比谷公園ときている。
唯一残された、昔から変わることのない、今の東京。

アフタヌーンティーを味わいながら、そっと思った。
ここであの人と新しい想い出をつくりたい、と。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0
<<波乗りアンリ | 旅@anrianrianri | 残暑お見舞い申し上げます>>
この記事のコメント
振り仰げば…
高層ビル群を突き抜けて 天空に至る。
風が…雲が…時が 渡ってゆく。
アンリワールド お帰りなさい。
2007-09-09 Sun 21:06 | URL | 蛍 #-[ 内容変更]
楽しい時間
あんりさん
今日はありがとうございました。
なんか、楽しい有意義な時間でした、もっと色々と話したかったですわ!

またお会いできるのを楽しみにしています。

2007-09-10 Mon 15:34 | URL | 海癒のみつ #zbT7meO.[ 内容変更]
蛍ちゃま
消えたり、復活したり。
いつもご心配をおかけして、許してください。

きっと、もう、だいじょうぶ。
きっと。

そう、胸を張って生きていきたいです。
2007-09-13 Thu 13:12 | URL | anri #-[ 内容変更]
海癒のみつさん
こちらこそ、ステキな時間、空間、お食事をありがとうございました。

あの海、一生忘れません。
近いうちにまた行こうかな。

再会を楽しみにしています。
2007-09-13 Thu 13:14 | URL | anri #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。