アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ごめんなさい
2007-06-28 Thu 15:19
さっきまで暗闇の中を彷徨っていた。
今もそうかな。
ううん、ここ数年、そんな旅を続けていたのかもしれない。
それに気づかなかっただけ。

ハッとすれば、クラクションの音に急かされていた。
青信号になっても発進しない私。
今日はすでに10回は鳴らされた。

こんなとき、クラクションが言葉のように聞こえる。

「あらっ、どうしたのかしら? だいじょうぶ?」
と、優しい音から、
「おい、早く行けよ、まったく」
と、当たり前だけど厳しい音。

今日はこれから、どこをどう旅するのだろう。
ちゃんとアレックスのもとにたどり着かなくちゃ。

週末は海に行こう、あの人を思って。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:12 | トラックバック:0
<<安曇野へ | 旅@anrianrianri | 女性美の追求>>
この記事のコメント
大丈夫ですか?
辛くなってしまったのでしょうか。

元気を出して、またここに戻ってきて。
アンリさんが笑顔になれる日を、ゆっくり待ってますからv-252
2007-06-29 Fri 00:33 | URL | ベア #-[ 内容変更]
また、笑顔が戻るまで…
無理やり灯りをともす時も必要かもしれないけど…
自然の光が射し込む時は必ず来ると思うから。
明けない夜はないから(笑)

いつでもアンリさんの手の届くところに
【愛】がいっぱいあると思います。
暗闇で、ちょっと見えにくくなっているだけかな(笑)
運転中だけは…気をつけてくださいね。。。
2007-06-29 Fri 01:12 | URL | 文葉 #-[ 内容変更]
アンリちゃん アンリちゃん
あなたの繊細な優しさは両刃の剣
身を削って沢山の人に微笑を投げかけている
投げかけてもらった人たちからの不安定な愛に何と誠実に答えてくれるあなた。
貴方の誠実さが愛を育て 昇華させてゆく
そうやって愛の蔓は未来へと延びてゆく
嵐が来たら身を低くして通り過ぎるのを一緒に待ちましょうね。
耀く太陽を仰ぎ見る日は近いのだから
2007-06-29 Fri 05:19 | URL | #-[ 内容変更]
ベアちゃん
ごめんなさい & ありがと。
ちょっとだけ、感情を出してみたら
思いもよらないことになっちゃいました。
私って、感情を押し殺し生きていくのがいいのかもしれません。
でも、それって、自分を犠牲にすること。
苦しいです。
乗り越えます。
2007-06-29 Fri 08:39 | URL | anri #-[ 内容変更]
文葉ちゃん
ありがとうね。
文葉ちゃんのやさしさはいつも私に勇気を与えてくれます。

いつか差し込む一筋の灯りを信じて、それを求めて
今日も発進。
だいじょうぶ、運転はだいじょうぶ、きっと。
2007-06-29 Fri 08:42 | URL | anri #-[ 内容変更]
蛍ちゃま
ぐすっ。
だめです。大泣きしちゃいました。
ありがとうございます。

多くのやさしさを届けてきたつもりだったけれど、
かけがえのないものも多く失いました。
これからは少しだけ、自分のことを考えて
自分をいたわって生きてみます。

ご一緒に太陽を仰ぎ見たいです。

今度はいつ碁石が浜にお出掛けになられますか?
2007-06-29 Fri 08:47 | URL | anri #-[ 内容変更]
待ってます。
アンリさんのペースで進んでください。
きっと、きっと、それがいいんです。。。
2007-06-29 Fri 23:56 | URL | まの #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-06-30 Sat 12:56 | | #[ 内容変更]
まのちゃま
ありがとうございます。
必ず復活しますから、約束しますから。
2007-06-30 Sat 13:06 | URL | anri #-[ 内容変更]
LA MELAちゃん
ありがとうね。
そんなにのお優しい言葉、私にはもったいないです。
いつも暗闇にいる私からの光、届いているとしたら
そんなにうれしいことはありません。
もっとあなたに微笑んでもらうために
早く強くならなくちゃ、ね。
2007-06-30 Sat 13:09 | URL | anri #-[ 内容変更]
私の愛は不安定な愛なのかもしれませんね。戻ってきてなんて、勝手なのかも、でもまずは私からの気持ちを伝えようと、悩んだけれど書き込みました。コメントは、ブログ上でいただいた気持ちに対する、私からの気持ちの返信です。アンリさんが幸せに笑えるようになる日を、どれだけ時間がかかっても待ってます、そうお伝えしたくて。

辛いことと思います。アンリさん、どうか自分の気持ちを殺すべきなんて思わないでくださいね。そんなはずはないんです。辛いなら辛いと言っていいんです。

辛いときは辛い、我慢しなくていいじゃないか、と私は思ってます。
悲しいときに楽しいふりなんてしなくていい。
素直に悲しんでいていいと。
2007-06-30 Sat 23:11 | URL | ベア #-[ 内容変更]
ベアちゃん
ベアちゃんの愛にどれだけ励まされ勇気づけられたことでしょう。シアワセにはなれないかもしれないけれど、せめて笑顔でいたい。そう思います。そうすることで、恩返しができれば…。ありがと。
2007-07-03 Tue 15:48 | URL | anri #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。