アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アフリカの夢と苦悩
2007-06-07 Thu 23:33
time_june11

注意: これは私の愛読雑誌・本を紹介するブログではありません。くすっ。

届いたばかりの 『TIME』 の表紙。
パッと見てお気付きになったあなたは、ス・テ・キ。

そうよぉ、油田の炎がアフリカの形になってるの。

中東の原油。その価格は高騰し、その地は混乱に満ちている。
ここで一気に注目を浴びているのが、アフリカの産油国。
ナイジェリア、ガボン、アンゴラ。
西アフリカの地下深くに眠る原油たち。
それはかつてないほど誘惑に満ち満ち溢れている。

「ここは貧し過ぎる。原油だけが私たちを救ってくれる」
「アフリカ。原油は安く、この地は安全だ」

シェンロン・モービル、シェブロン…
すでに多くの投資家がここに群がっている。
原油はアフリカの夢。そう、大きな夢。

でも、夢が実現し、この地に大きな富が訪れるころ、
やはり激しい腐敗、暴動、不平等が引き起こされるのだろうか。
この夢は恩恵、それとも災い?



そして、お願い。東のスーダンにも目を向けて。ダルフール紛争に。
今回のG8サミットでの議題の一つにもなっている。
でも私、わが国の首相はこの問題を知っているのだろうか、と思ってしまう。
いや、スーダンの場所を知っているの、安部さん?



実はね、この表紙、なによりも魅力的なのが、右隅の小さな人物。
だって、ジョージなんだもの。
あっ、ブッシュではないのよ、ブッシュでは。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
<<黄色のクスリ屋さん | 旅@anrianrianri | ありがとう>>
この記事のコメント
え?
アフリカの形で、炎の真ん中の部分が骸骨に見えるんですけど・汗 私だけですか?
海外に住んでよかった事は、いろんな国の人に出会えて直接話が出来る事。でも、帰ってしまう人も多くて、今日娘のお友達一家がブルガリアに帰ってしまいました。
出会いあれば、別れあれば、出会いあり。(笑)
2007-06-08 Fri 03:25 | URL | LA MELA #u8kDRb2I[ 内容変更]
LA MELAちゃん
ううん、いいのよ、そうなの。
醜いドクロ、溶け出す顔に見えるよね。
あえて触れなかったの。
そうなってほしくないから。

そうね、日本にいては到底、会えない国の人々。
そんな出会いが魅力の海外生活。
出会いと別れと出会いの繰り返し。
そのなかで、一生の友となる人がいるって
なんという宝物なんでしょう。
2007-06-08 Fri 07:05 | URL | anri #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。