アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
赤い魔術師
2007-05-24 Thu 00:01
Rome_7

カンポ・ディ・フィオーリ広場は
鮮やかな果物や野菜が並ぶ市場。
ローマっ子の台所なの。
ここで食材の色をくっきり目に焼き付けちゃおう。

ローマを二分して流れるテヴェレ川。
『ローマの休日』の舞台の喧騒から逃れて
そっとテヴェレの左岸へと向かうの。

そこはトラステヴェレ。
まさに「テヴェレ川の向こう側」という名の界隈。

ここには食を知り尽くしたローマっ子が集まる路地が続く。
観光客の姿はあまり見ないかな。
夜になると、ピッツェリアやリストランテは人、人、人で埋め尽くされちゃう。

さぁ、なにを召し上がりますか?

トラステヴェレはピッツァが一番といわれているけれど
今夜は、そうね、魔術師のような、あの真っ赤で辛いヤツ。
ヴィーノとともに、特製のスパゲッティ・ペペロンチーノを。

う~ん、満足、満足。
物価の高いローマにあって、お値段も驚くほど、満足よ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
<<ジョージとその仲間たち | 旅@anrianrianri | ラグーナの薔薇>>
この記事のコメント
anriさん、こんばんは。
おとついの夜明け、飼っていた老犬アジが
天に召されてしまいました。
この頃はもう動けなくなってきてたのですが、
まだまだ食欲もあったのに、急に、でした。
アジが淋しいかもしれないから外出を控えなきゃ、
なんて思っていたのですが、わたしの勘違いでした。
わたしが淋しいのを、アジが助けてくれてたんですね。
アジがいなくなった昨日の家の中で、淋しさに耐えかねて
初めて気がつきました。
まだそばにいてくれている気がします。
2007-05-24 Thu 01:08 | URL | di-di #-[ 内容変更]
di-diさん
おはようございます。

ううん、アジはdi-diさんのやさしさを痛いほどわかっていたのよ。
だから今度はアジの番。
ほら、すぐそばでアジがdi-diさんの名前を呼んでいるわよ。「笑ってね」って。

アジのご冥福をお祈りいたします。
2007-05-25 Fri 10:33 | URL | anri #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。