アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
パラソルが微笑むから
2007-05-16 Wed 13:45
三年前のカンヌ。
映画祭が終わったばかりで、街は人影もまばら。
営業を休むレストランも多かった。
華やかな日々と比べると、まるでゴーストタウンのよう。

青い写真の隅っこには、背後霊が映っていた。
そう思ったのよ、私も最初。
人々が消えた海辺。きっと少しでも賑やかにしようと
霊たちががんばったのだと。

でも、これは人? 私? それにしては小さすぎる。
で、別の写真でわかったの。
な~んだ。そうよね、そうよ。
折りたたんだパラソルの先っちょ。

cannes_3


cannes_4

ピアの先端からホテルを振り返ってみる。
誰もいないプライベートビーチが広がる。
それを独占しちゃった私たち。
とっても贅沢よね。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
<<One Fine Day | 旅@anrianrianri | 三年前の青空>>
この記事のコメント
あちゃ。。。
まさかまさかのパラソルの先端!!!

建物の先端かと…思いましたぁ。

ま♪最初は人だと思ったんですけどね(*´∀`*)ゞ
2007-05-17 Thu 00:53 | URL | 文葉 #-[ 内容変更]
文葉ちゃん
おほっほっ。
そうなの、パラソルの先っちょ。
私も最初は「誰じゃ、これ~」と騒いだものです。
2007-05-17 Thu 09:49 | URL | anri #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。