アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
南半球から
2007-04-14 Sat 22:25
♪泣かないで美しい人…

携帯電話の着メロが鳴った。
相手は「通知不可能」さん。

あっ、海外からだ。

誰だろうと思いながら、「アロー、エールフランス吉祥寺支店でございます」と出てみる。
よくやるのよね、こんな冗談。

「あはは、バカだなぁ。いまなファンガレイにいるんや」
「あっ、北島なのね」
「うん、そうや。元気してる?俺は元気やで」
「私も、いま元気になった」

そんなおバカな会話を5分ほど続けて、電話は切れた。

「今から行ってきま~す。お土産、楽しみにしていてくださいねぇ」
昨日、H(♂)が成田空港から電話をくれた。立ち直ったみたいね。

「アンリさんはホントにやさしい人だから…」
夕べ、Sちゃん(♂)が忙しい時間の合間に電話をくれて
なぜかそんなことを言ってくれた。
こんなにもわがままな私に。

そして、今日、あの人が南半球から元気な声を聞かせてくれた。

ダーリンの命日に私を励ますかのように偶然にもかかってきた3本の電話。
うれしかった。

fangareei

ファンガレイはニュージーランド北島にある西海岸の温暖なマリン・リゾート。
マリーナには白い帆を張ったヨットが停泊。
お洒落なカフェやレストランが建ち並ぶ。
アーティストが多く住むため個性的なアート・ギャラリーも。
少しだけ足を延ばすと、国内有数の滝が。
ダイビング・スポットやサーフィンのメッカでもある。
そう、そこには目を見張るほど美しい海岸線が続くの。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0
<<ピンク色の要塞で | 旅@anrianrianri | あの日のパスポート>>
この記事のコメント
fufufuf...
mituketayov-10
2007-04-15 Sun 15:25 | URL | u-ta #-[ 内容変更]
心から
開設おめでとうございます!
素敵なお話、楽しみにしています。
2007-04-15 Sun 16:52 | URL | アド・ν #-[ 内容変更]
u-ta

あれぇ? 見つかっちゃったぁ。
元気で修行に励むのよ。
2007-04-16 Mon 11:13 | URL | anri #-[ 内容変更]
アド・ν さん

ありがとうございます。
確かパリ日記にも遊びに来てくださったんですよね。
心から感謝です。
びずびず。
2007-04-16 Mon 11:15 | URL | anri #-[ 内容変更]
私も
ニュージーランドを案内してください。
2007-04-19 Thu 11:06 | URL | りか #-[ 内容変更]
りかちゃん

もちろん。
たっぷりとご案内いたします。
私のスペシャル・ゲストですもの。
2007-04-19 Thu 20:58 | URL | anri #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。