アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
四都物語
2010-02-13 Sat 23:27
Jundarling
私のお気に入りの1枚。Jくんとパパちゃん。
正真正銘のパリジャンと未来のパリジャン。ほほえましい。



2006年春。
「パリ」のアパルトマンで一人現実逃避していた私に(あっ、アレックスも一緒!)、
突然届いた彼女からのメッセージ。

「アンリさん、お会いしたいのですが…」

共通の友人を介しての連絡だった。

その遠慮がちながらも、温かい言葉に
「喜んで」と返信した。

パリで暮らす彼女との待ち合わせ場所は、オペラ座の前。
目印のために、お気に入りのターコイッシュ・ブルーの色を身につけた私に
少しハニカミながらも「アンリさ~ん」と笑顔で近づいてきてくれたKちゃん。
美人で見るからに聡明そう。

二人が向かったのはすぐそばにある「Cafe de la Paix」。
確か、カプチーノをオーダーしたはず。

一杯だけのカフェ。
二人だけの時間は短かったが、お互いを知り合うには十分だった。

Kちゃんからは家族や仕事、パリでの暮らし、
そんなことを聞き出した。
フランス人のハンサムなダーリンのこと。
彼はなんと関西弁を話すの。もう、最高。
フランス企業に勤めるユニークさ。
そうだよね、フランス人と一緒に働くって、私には無理かも。ご、ごめん。
私は、なぜいまパリにいるかを話したのかもしれないな。
他愛もない会話だったけれど、貴重なときの流れだった。
楽しかったな。

最後に私は、「もうすぐパリを去るの」と告げた。
そう、その2週間後、2年間を過ごしたパリを去り、東京に戻る予定だった。

その言葉に、Kちゃんが「そんな予感がしたんです」と言った。

そっか、私の日記を読んでいてくれたんだね。
だから会いたいと言ってくれたんだね。
もっと早く出会っていればよかったよね。

去り行く私に「またお会いしたいです」と言ってくれたKちゃんが、愛しく思えて
別れ際、強いハグをしてしまった。

さよならは言わないで、「また連絡するからね」とささやいた。

そして、私は、パリを離れた。



それから1年後の2007年、夏。
二人の姿は六本木にあった。
間違いない。あの暑い夏の日、そう、鉄板焼き屋でのランチだったよね。

パリで出会った二人が「東京」で再会したのだった。
Kちゃんはダーリンとともに大阪の実家に里帰り。
その間に東京まで会いにきてくれた。
元気そうなKちゃんの笑顔に包まれて、ココロから癒されたことを覚えている。
そして、そのころ、ひとつの命が宿っていたことはまだ誰も知らなかった。



それから、また約1年後の2008年。
ビッグ・ニュースが届いた。
そう、Kちゃんとダーリンの愛の結晶(表現が、ふ、古い?)が誕生したの。
それが何を隠そう(隠してないか…)、私の恋人Jくん。

Jくんに会いたくて、毎月のように写真を送ってもらった。
いまも、そう。
日に日に大きくなっていく、未来のパリジャンにすでに魅了されてしまった私。


そして、またまた約1年後の2009年、春。
私は星の国「シンガポール」にいた。
ダーリンの転勤で、Kちゃん家族はシンガポールに引っ越していたのだった。

Kちゃんと久しぶりの熱いハグを交わし、ついにJくんをこの手、胸に抱いてしまった。

最後は「ラッフルズ・ホテル」でのアフタヌーン・ティー。渋いでしょ。
忘れられない一日になった。

raffleskae
ラッフルズ・ホテルにて。Kちゃんは私の自慢の才色兼備です。



それから半年後の2009年、秋。
次に二人がアフタヌーン・ティーを楽しんだのは、「大阪」のリッツ・カールトンだった。
Kちゃん家族の里帰りに合わせて、大阪まで飛んで行っちゃった、私。
なんて純粋な愛なんだろう。でへっ。
リッツのラウンジに4時間以上も居座って、お喋りを続けた。
それでも離れられずに、伊丹空港までのタクシー内でも話しは途切れることはなかった。

ritzat
リッツのアフタヌーン・ティー。もちろん、シャンパンで。



なんだかすごい、私たち。会うたびに街が違う。もう四都市も。
遠く離れていても、離れているからか、会いたくてたまらないよね。
どこにいても、二人を引き寄せる何かが、確かに存在し、作動している。市場原理(~~)?



パリで巡り合った大切な友たち。
いつも眩しい笑顔で私を癒してくれるRちゃん。
一人パリで「負けない」と強く生き抜いているDちゃん、など書き出すととまらない。
あっ、もちろん、タマラも、ね。

そして、Kちゃん。離れていても、私のことを慕ってくれているのが何よりもうれしい。
そんな出会いがパリであったことに感謝したい。
それだけでもパリで暮らしてよかった。



さぁ、次はどの街でデートしようか、どの街になるのかな、ねぇ、Kちゃん。





明日は Happy Valentine`s Day
チョコレート
、いつでも受け付けますよん。待ってま~す(~~)。
って、もう7個も貰っちゃった…。ありがとね。念のため、私はオンナです。

最初にプレゼントしてくれたらんらん、とれ・ぼん、めるしー。


みんな、シアワセな日曜日をお過ごしくださいね。

では、また近いうちに。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
<<もうひとつのスーダン | 旅@anrianrianri | 新橋デビュー>>
この記事のコメント
Happy Valentine`s Day
アンリちゃんv-254チョコの薔薇を送ります。

瞼の裏で味わってくださいな。
4都以外でも…〇市にも、〇村にも
アンリちゃんを愛する人はいっぱい居て
アンリちゃんに微笑を送り続けています。

又 お会い出来るプレゼントが
何時か届きますように。v-25
2010-02-14 Sun 06:14 | URL | #-[ 内容変更]
新年快楽!笑口長開!
こちらはちょうど春節を迎え、すっかりお正月ムードです。

こちらこそ、いつも元気を下さってありがとうございます。

ハッピーバレンタイン!
世界中のアンリさんファンが、いつも愛のエネルギーを送っておられますよ。




2010-02-15 Mon 16:31 | URL | kaeo #-[ 内容変更]
四都の物語すばらしいです! 
2010-03-13 Sat 15:52 | URL | アド・ν #mQop/nM.[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。