アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ママになった日
2009-11-28 Sat 15:41
gaien

昨日の神宮外苑銀杏並木。
なんという、渋滞。





私には年齢の近い甥っ子がいます。とっても池面です。
はい、一緒にいると姉弟に見えます(^^)。

ここで異論のあるかたは黙っていてくださいな。

甥っ子は私のことを「アンリねーちゃん」と呼びます。
彼が小さいころから、「アンリねーちゃん」です。
某有名大学の大学院を卒業して、こんな時代でもエリート街道まっしぐらの今も
「アンリねーちゃん」です。

決して、「『おねえちゃん』と呼ばないと、お誕生日プレゼントはあげないよ!」と
脅しながら育ててきたわけではありません。

そんな甥っ子が、先日、私のお誕生日お祝いをしてくれました。
あの幼くてかわいかった甥っ子が、必死にフレンチ・レストランを検索して予約。
レストランでは、懸命にメニューを見ながら、ワインとお料理のナイスなチョイス。

そんな姿を見ていると、目頭が熱くなりました。

「あ~、大人になったなぁ」と。





TP
甥っ子と一緒にお祝いしてくれた同級生のきゃわいいPちゃん。
Pちゃんと私は、パリの街を腕を組んで歩いた仲でもあります。
私のことを「アンリおねぇちゃま」と呼んでくれるのも胸キュン。
前にある花束と薔薇のチョコレートは二人からのプレゼントよん。


bara
そのチョコレートのアップ。芸術よねぇ。
二人のやさしさと相まって、食べるのが勿体ないの。





ふと、そのとき、あの日を思い出しちゃったんです。胸が熱くなったあの日を。

それはまだ寒い、東京の晴れたある日、
彼の大学合格発表の日でした。

ファミリーを代表して、私が合格発表を見に大学に行ったのです。

正午発表なのに、「午前9時だよ」と騙されて、
いえ、その日は家族みんなが緊張していたのでしょう。
とにかく、「午前9時までに行かなくちゃ」と、珍しく早起きして行ったのでした。

ご想像どおり、3時間の待ちぼうけ。
寒いので、近くのマッ○、関西ではマ○ド?で待機です。
もちろん、心臓はドキドキです。
彼が私の血を引いた天才&秀才(^^)だとわかってはいても、やはりドキドキでした。


そして・・・

さぁ、運命の合格発表の時間です。

掲示板の前に立つアンリの図。
手には彼の受験番号。

掲示板の位置が異様に高かったのを覚えています。

首を上に向けて、順に番号を見送る私。
と、そうです、あったのです。
彼の受験番号が。

全身が震えました。
涙が出てきました。

「きゃ」
「うっ」
「あっ」

とか、言葉にならない音を口から発したんだと思います。

私の周囲には、大勢の大学アメフト部の屈強なオニイサンたち。
私の反応を観察しています。

しかし・・・

その日の私の服装は、ミニスカートにファーだったと思います。
オニイサンたちは、私への対応をどうしたものか、明らかに迷っているようでした。

もちろん、受験生本人には見えないし、
かといって、母親とは無縁な姿。

どこにいても、誰にもやさしくて、気遣いのある、できた人間の私は(^^)、
思わず叫びました。

「きゃ~、息子が、息子が、受かったぁ~」

そこで状況をようやく認識したオニイサンたちは、
あたかも私を胴上げするかのように、周囲に集まり、
「バンザ~イ、お母さん、おめでとうございます。バンザ~イ」を
10回くらい連呼してくれました。


はい、照れくさかったけれど、人生で「ママ」になった貴重な一瞬でした。



あれから月日は流れて・・・、こんなシーンを迎えるとは。
そんなことを思い出しながら、
ワイン・グラスで「かんぱ~い」。
ありがとうね、素敵な夜でした。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
<<ぐっどらっく! | 旅@anrianrianri | ふるさとの味覚>>
この記事のコメント
想像したら・・・
笑えてきちゃったw

アメフト部のおにぃさま達に囲まれたアンリさん・・・
そして「お母さん」と呼ばれるアンリさん・・・

www

いぇいぇw
決して、違和感などwww
2009-11-28 Sat 16:12 | URL | 文葉 #-[ 内容変更]
最高のママ!
あらゆるニュアンスを込めて

最高のお誕生日 私にも幸せのおすそ分け

バッチリ 薔薇の一片 いただきました。

アンリちゃん 

人間って素敵だね。

人生って素敵だね。
2009-11-29 Sun 06:49 | URL | 蛍 #-[ 内容変更]
タイトルで一瞬びびりました。
Pちゃんはかわいいですよね。でも確か、すっげー才媛なんですよね。がっくし。
2009-11-30 Mon 13:14 | URL | ABC #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。