アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
リタとの出会い
2009-01-25 Sun 07:45
meri1

いつもセクシーでいてパワフルなメリちゃん。
上海でオーダーメイドしたそのコートが素敵だよ。



風邪引きさんだったけれど、青い空と白い息のコントラストが描く街に飛び出した。
メリちゃんとの楽しいランチのひと時を終え、
エナジーをもらった私は、歩いてカルーセル橋のほとりから
オルセー美術館、アレクサンドル三世橋、グラン・パレを抜けてジョルジュ・サンクへ。
白ワイン2杯で火照った頬には、この街の寒さが心地よかった。
滅多に歩かない私が、ここまで歩いた。
そんなちっぽけな達成感に嬉々としていた。





夜、とある会合で。
もう二度とは会えないかもしれない、そんな出会いがあった。

その女性の美しさに釘付けになった私。
アイラインは濃いものの、顔の大半を占めるかのような大きな瞳。
彫の深い顔だから、鼻筋がひときわ際立つ。
そしてシャープな顎のライン。
褐色の肌のエキゾチックな顔立ちは、もちろん白人ではない。

何気なく見ている振りをしながらが、視線をそらすことはできなかった。

私の存在に気づいた彼女がこちらを見た。
あっ、謝らなくちゃ。
「ごめんなさい。あなたがあまりにもきれいだから、見つめてしまって。
失礼なことをしました」
「あらまぁ、なんてスィートなかたなの。うれしいわ、そんなふうに言ってくださって」

女性からそんなことを言われたことはないという。
私だって、そんなことを言ったのは初めてかもしれない。

そんな会話から私たちの時間が始まった。

インドのムンバイから来たジャーナリスト、リタ。

ムンバイの爆弾テロ事件のこと。
そのとき彼女は空港閉鎖のバンコクにいた。

ロンドンに20歳と22歳の娘がいること。
若くして結婚したのは知ったけれど、とてもそんな年齢に見えなかった。

お互いが行ったことのない国から来たということ。
その魅力を語り合った。

信じられなくいくらいに、つらい過去を背負っていること。
初めて会ったのに、赤裸々に語ってくれた。

黙って聞いているうちに、私はなんてちっぽけで弱いんだろうと胸が痛み、
立っているのもつらくなった。その場で座り込みたかったほどだった。
それでもリタはあくまでも眩しい笑顔を絶やさず、私の手を取り、話し続けていた。
過酷な人生とどう向き合えば、自分らしく生きていけるのか、
それをさりげなく教えてくれたような気がした。

時間というものは残酷で、サヨナラをする時刻になった。
名刺の交換はしたものの、リタは明日、パリをあとにする。
別れ際のハグ。二人は同じ言葉を耳元で囁きあった。

「グッドラック」と。





bebe

3年前、ニューヨークでサッチャンに会ったときに
わざわざタクシーを飛ばして(だって寒かったんだもん)
一緒に買いに出かけた思い出のこのセーター。
パリで着る勇気を試してみちゃった。
「bebe」はアメリカのブランドで「ビビ」。
おフランス語で「bebe」は「べべ」、そう「赤ちゃん」の意味。
「私をベイビーと呼んで!」と主張しているみたいで・・・
しかもオフショルダーだし・・・
案の定、メリちゃんに笑われちゃった。大成功!





日本のミュージック・シーンに疎い私に、今日、友人から届いた1曲。
EXILEの「Pure」。ヒット曲なんですってね。涙が出ちゃった。
このビデオの中にありますよ。「ただ逢いたくて」も「道」もいいけれど…

「過去を悔やむようなことはしたくない・・・」
「今を超えて未来へと向かっていく・・・」
「たどるべき道を歩いていると信じている・・・」
「君が見つめる先が希望に満ちていてほしい・・・」
「少しでもシアワセを感じられたらそれでいい・・・」
「このままずっとずっと素直に生きていきたい・・・」
「一緒にシアワセを感じたらきっとそれでいい・・・」
「いつだってPureな気持ち忘れない・・・」

愛するみんなに贈ります。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:15 | トラックバック:0
<<驚愕の4桁 | 旅@anrianrianri | ウーマン・イン・レッド>>
この記事のコメント
またひとつ、すばらしい出会いですね。アンリさんのひととなりがそうさせるのか、美しいもの同士惹かれあうのか、うらやましい限りです。
EXILEはね、顔さえ見なきゃ素敵ですw
2009-01-25 Sun 11:36 | URL | う~ #CX5fjf.c[ 内容変更]
テレパシーに違いない!
類は友を呼ぶ。。。
苦境を乗り越えてきた強さ、溢れる知性と優しさ。

磨き抜かれた美しさをもつ二人の女性が同じ空間にいれば、やはり自ずと言葉を交わすものなのですね。お二人ともある種の達人であるということの証です。
2009-01-25 Sun 17:02 | URL | kaeo #-[ 内容変更]
呼応
アンリちゃんのお部屋、
窓からの白い光の中で踊るメリちゃんを瞬時に思い出しました。

1度もお目にかかって無くても懐かしい。

アンリちゃん また素晴らしい出会いが会ったのね。
月の光に砂浜の宝石が呼応するように互いに引き合う。
過酷な運命に選ばれた人の選ばれた邂逅なのね。

そして 私はそのおすそ分けを戴いております。
有難うございます。
2009-01-25 Sun 17:12 | URL | 蛍 #-[ 内容変更]
綺麗な鎖骨(*´∀`*)ゞ
アンリさんが素敵な人だから…
素敵な人と出会えるんだと思います。
私は、アンリさんという人を知って
自分の小ささを知りました。。。

元気で笑っていたら…
きっと、またいつか。。。
ううん♪絶対!リタさんにまた逢えるよ(*´∀`*)ゞ
2009-01-25 Sun 20:31 | URL | 文葉 #-[ 内容変更]
そうですよ。Pureなのはわかってますが、少しは素直に生きてほしいです。
2009-01-25 Sun 21:17 | URL | ABC #-[ 内容変更]
出逢い
素敵な出逢いですね。
この地球上に何億という人がいるのに
お互い違う国で生活しているのに
そんな2人が出逢えるなんて・・・

偶然なんかじゃなく、必然。
きっと意味があるのでしょうね・・・

「神様は乗り越えられない苦難を与えない」と誰かが言ってました。
アンリさんの苦難。リタさんの苦難。
きっとこの人なら乗り越える強さを持っていると神様が思って与えた試練。


だけどたぶん、本当はすごく繊細で弱い部分を持っているであろうアンリさん。
だからこそ、そんなアンリさんを支える為に
アンリさんの周りには素敵な人達で溢れているのでしょう☆

こんな私でも、少しでもアンリさんに
元気やほんわかした気持ちをあげれたら良いのになぁ・・・
2009-01-26 Mon 09:32 | URL | 凌 #ZA9zVw0U[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-01-27 Tue 00:46 | | #[ 内容変更]
う~ちゃま
またまた、お上手なんですから。なにも出ませんわんにゃん。
リタほどの魅力的な女性に一歩でも近づけるよう、努力します。

EXILE、全員、ブサイクなの?一人だけいい男に見える人がいるぅ~
2009-01-27 Tue 06:48 | URL | anri #-[ 内容変更]
kaeoちゃん
またまた何をおっしゃるkaeoちゃん。

いろんな出会いがあるたびに、オペラ座の前で出会った日を思い出します。
胸キュンなくらい懐かしいです。
あの日、kaeoちゃんは溢れる知性と優しさを私にくれました。

さぁ、なにかの達人を目指せねば!
2009-01-27 Tue 06:52 | URL | anri #-[ 内容変更]
蛍ちゃま
そうですね、私のお部屋でメリちゃんと一緒に踊った夏の日が懐かしいです。
って、まだ半年して過ぎていないのに、取り巻く状況が目まぐるしく変わっていて・・・
ご心配をおかけしております。

蛍ちゃまと出会ったのは安曇野の駐車場。
これも呼応なんですよ、必然的な。
ずっとお荷物にさせてください。
2009-01-27 Tue 06:57 | URL | anri #-[ 内容変更]
文葉ちゃん
文葉ちゃんが素敵だから
私は文葉ちゃんを愛せるの。
こんなにもPureな女性はいないもの。

元気で笑っていたら、
まず、○○山が待っているんだもんね。
って、昨日、行ったなぁ?写真、きれいだったよん。

2009-01-27 Tue 06:59 | URL | anri #-[ 内容変更]
ABCくん
あのさぁ、昨日の文章量、半分にカットしてくれる?
って、ここで指示してどうちまちょ(笑)。
2009-01-27 Tue 07:00 | URL | anri #-[ 内容変更]
凌さん
感動を覚える出会いには、やはり必然を感じます。
どこでもないこの街で、あの日、あの場所で。
奇跡ともいえることだけど、偶然じゃない、必然なんですよね。

乗り越えられずに試練とジャンケンしてる私。
決して遊んでいるわけじゃないえれど、運命に翻弄されているかもしれない。

凌さんの存在は、私の安らぎですよ。
いつも感謝しています。
2009-01-27 Tue 07:04 | URL | anri #-[ 内容変更]
わ!!!!!!!!!!!!!!!
あの時のBEBE!!!!!!!!!!!!!!!

本当、あの時は寒かったですね…。
でも、アンリさんの心はとっても、暖かかった(涙)
泣けちゃうくらいに、です!!!

一緒にマンマミーアも見ましたね♪

映画化されて、CMで流れていますが、いつもアンリさんを思い出してます!

LOVE YOU, ALLWAYS!!!!!!!!!!!!

2009-01-28 Wed 20:46 | URL | sachi #-[ 内容変更]
sachiちゃ~ん
わ~、覚えてくれていたのね。うれしい。
あのときは楽しかったね。
グランド・ゼロ、国連ツアーにも行ったよね。
なによりも、sachiちゃんが大人っぽくなっていたことに
びっくり&うれしかった、そんな記憶があります。

「マンマ・ミーヤ」もよかったよね。
また一緒にミュージカルを見にけるチャンスがあるといいよね。
それにしても、映画のマンマ役にメリル・ストリープとはいかがなものかと思うのは私だけ?
2009-01-30 Fri 21:04 | URL | anri #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。