アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
蜃気楼なんてキライ
2007-05-02 Wed 23:56
そう、ドバイ。

camel

こんな悠久の景色に癒されていても、

dubai_tower_1

走るクルマから見えるのは高層ビル群ばかり。
見飽きちゃうと、息苦しくなってきた。

dubai_town

「海の上のシルクロード」に位置する重要な貿易港だったから
古くからのスーク(市場)がいまも存在している。
金製品のスークの近くにあった、古ぼけたビルディング。
いまにも倒れそうで、びっくり。
壁一面にはところ狭しと、カラフルでどことなくノスタルジックな
アルファベットとアラビア文字が混在。
この街が異国であることを、なによりも感じさせてくれた。

「なかなかなやるじゃない」とビルに語りかけた。
「満更でもないさ!」

こんなちっぽけなビルがドバイでお気に入りだなんて、誰もいないだろうな。口に出して言うのはやめよう。嘲笑されそう。

気がつくとさっきまでカリカリしていた自分は消えていた。
少しだけホッして、そっと携帯電話を取り出した。

あのとき、あの場所で確かに声を聞きたいと思ったの。だからパリまでお電話しちゃった。
あいつはいつもやさしくて、「アンリさん、どうしたんですか?」って。
そう、気遣ってくれる。それがうれしくて。

遠い旅先から、突然お電話しちゃう。それが直らない私の癖ね。
声が聞きたくても、思うようにならに人もいるけれどね。

この月のドコモの請求書、確か10万円近かったよね。覚えてる?みんな。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
<<帆のある風景 | 旅@anrianrianri | 砂漠の中の摩天楼>>
この記事のコメント
覚えてますよ。電話料金

ドバイではマリナのほうには行かれたんでしたっけ?
2007-05-03 Thu 15:09 | URL | *う~ #ZTGLyrdM[ 内容変更]
*う~ちゃま

さすがでございます。
ご記憶いただき、恐縮です。
そうですよねぇ。痛かったな、パリにいるころのドコモ代。
毎月すごかったです。

えっと、海に面したホテルに滞在しました。
ビーチを少し歩いただけ。
取材で忙しすぎて。
2泊3日ですべてを把握しろといったのは
どこの誰だ!(ご、ごめんなさい、編集長代理。そうよ、私が編集長。うふっ。なにもしなかったけれど…)
2007-05-03 Thu 23:48 | URL | anri #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。