アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
約束の場所
2008-07-09 Wed 08:17
168

雲間から覗いた一瞬の青空。



パリに来て、もう一週間が過ぎた。
あっという間の一週間。

で、私、太っちゃいました。やばっ。
ご、ごめんなさい(って、誰に謝っているの?笑)。
ホントにごめんなさい。

しかし、なぜに?
東京ではいつもクルマだから、ほとんど歩かないし。
食事はなるべく誰かと三食、きちんと摂るようにしているし。
それでも、私にはベリーダンスがあるから、
かなりいい感じのシェープをキープ(シテイタノニ・・・)。

パリでは最初は眠れなくて・・・。
寝不足と闘いながらも、多くの懐かしい友達と同じ時を過ごした。
パリから遥か遠いフランスの田舎街に住む友人とは
深夜2時や3時まで長電話しちゃっているから
朝食の時間は必ずベッドの中だし。
あっ、初めて知ったんだけれど、
オランジュという電話会社の場合、
フランス国内なら3ユーロで電話のかけっぱなしができるそうです
(午後9時から深夜零時までの発信という時間限定つき)。
そのほかにもいろんなプランがあるらしいけれど、ね。

だからきっと痩せちゃったかなぁ、ヤツレちゃったかなぁ、と思っていたんだけど・・・。
なぜかカラダが重い。
で、今朝、恐る恐る体重計に乗ったら、あらまぁ、び、び、びっくり。
ヘビーなランチや夜のシャンパンやカクテル、それがいけないんだなぁ、きっと。
クルマを運転しなくていいから(って、お抱え運転手つき?笑)、ついお酒を楽しんじゃう。
iPodでベリーダンス・ミュージックを聴きながらパリの街を闊歩するだけじゃ、痩せないんだぁ。って、当たり前よね。甘かった。

帰ったら、絶対にレッツ・ダンス三昧!



そうそう、今夜、シネマに行ってきました。
東京のみんなより一足早く、例の『Sex and the City』を観てきたよん。
なぜにパリでニューヨークが舞台の映画なの?とは聞かないで。
とにかく、とっても面白かったよ。
友情ってステキだなぁ、かけがえのない友人がいるってステキだなぁ。
そんな単純だけど、忘れちゃいけないことを改めて感じさせてくれた。
でも、みんな、知っているよね。
私がどれだけ友人ひとりひとりを大切に思っているかって。



169

「パリに行くよ。できれば日帰りでルルドにも行きたいな」
そう親友に告げたとき、
「そのカラダで無理しちゃダメだよ。
パリに『奇跡のメダル教会』があるから、そこに行ってみたら?」
と教えられた。
2年も住んでいたのに一度も行ったことのなかった、神聖なる場所。
世界中からカソリック信者が集まる聖地。
「うん、じゃ、そうするね」と、彼女と約束した。
そう、固く約束したの。


「奇跡のメダル教会 Chapelle Notre Dame dela Medaille Miraculeuse」。
「不思議のメダイの聖堂」とも言うみたい。

サン・ジェルマンの外れ。
ボン・マルシェというパリ一番のお気に入りのデパートの一角に
隠れるようにひっそりと佇む小さな教会。
最寄のメトロ「Sevre Babylone」から行くよりもいい方法を見つけたの。
少し歩くけれど、ロワイヤル橋でセーヌを渡って、お洒落なバック通り(Rue de Bac)を行く。
そうすると、ほら、右手に小さな門が。
これだと、入り口を見過ごさないですむでしょう。

170

教会の中に入った途端、不思議なことが起きたの。奇跡かもしれない。

その日までほとんど眠っていなかった私。
正直、ふらふらだった。
だから、礼拝堂を覗いたら、すぐに帰るつもりだった。

それはミサの最中だった。
私、あまりの感動に泣いちゃったの。
人前では決して泣かない。ううん、今はひとりのときでも泣いちゃいけない。
そう、自分を律してきた私。だから、泣くということにさえも怖気ていた。
そんな私の頬を大粒の涙がつたった。
その神聖さに胸を打たれたせいなのか、
ここに永遠に静かに、そして、変わることない姿で眠っている
聖カタリーナが私に泣くという勇気を与えてくれたのか、
張り詰めていたものぷつっと切れたのか、
理由は定かではない。
カソリック信者でもない私が、全身を震わせて泣いた。
そして、不思議と今までの疲れや気だるさ、襲うような睡魔、病魔のいつもの試練が、
いつしか消えていた。
世界中から集まっている敬虔なる信者たちさえも不思議に思う光景だったかもしれない。
泣きすぎて、礼拝堂のベンチに1時間は座っていただろうか。
「だいじょうぶですか」と語りかけてくれた人に、
「だいじょうぶです、ありがとうございます」と、なんとか返事ができた。

187

176

きっと何かが生まれ、何かが変わる。
そのために、私はここに来たの、何かに導かれて。
親友のために、そして自分のために、祈りを捧げよう。
そう思ったとき、ふと、涙が止まった。
そして、感動を忘れないために、カメラのシャッターを押した。

聖カタリーナが身につけているメダイ。
その聖母マリアを刻印したメダイを、
あなたのために持って帰国します。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0
<<パリジャンの一考察 | 旅@anrianrianri | タマラとアパルトマンと>>
この記事のコメント
よかった
涙は浄化ですね~

普段、色々な事を乗り越えて頑張っているアンリさんに、休息の場所があって良かったです。
教会は赦し、癒す場所でもありますね。
重荷から解放されて良い場所なんです。そんな場所に天使が導いてくださったのですね~☆本当に良かった
2008-07-09 Wed 12:34 | URL | sayuri #1wIl0x2Y[ 内容変更]
よかったね
私も行って見たいなあ。
2008-07-09 Wed 13:55 | URL | りか #-[ 内容変更]
アンリさんとルルド
《ルルド》ってゆぅと…あのお話を思い出すの。
アンリさんのパリ日記でアンリさんが熱を出していた時のお話♪

【ルルドに行こう】ってタイトルだったかなぁ…
私は、アンリさんのパリ日記にどんどん惹き込まれて
気付いた時には…愛しちゃっていたのでしたe-265

明日もアンリさんにとって素敵な1日であります様に♪

追記:『Sex and the City』面白かったのね。。。
TVドラマシリーズはBOX買っちゃうほど(苦笑)はまったのは
私でありますw
よしっ。観に行くぞっ(*´∀`*)ゞ
2008-07-09 Wed 22:19 | URL | 文葉 #-[ 内容変更]
ありがとう
あの教会は、小さいけれどとても美しい教会。
そして、不思議のメダイの始まりの場所。

アンリちゃんがここを訪れてくれたことは、
きっと、何かの、マリア様の、お導きなのだと思います。

アンリちゃん・・・世の中の出来事は、
偶然ではなく、必然なのだと、私は思うの。

アンリちゃんに出会えたことは、
間違いなく私にとって、すばらしい意味があることです。
アンリちゃんがこの世に存在してくれていて、
私と同じ時を生きていてくれたこと、
それに心から感謝・・・

ありがとう、アンリちゃん。
2008-07-10 Thu 19:46 | URL | あんじゅ #qDfdtOiE[ 内容変更]
∑(〃゚ o ゚〃)
…ま…またハートが割れてるぅぅぅ!!!!!

何度も確認したのにぃぃぃぃぃ。・+゜(つД`)゜+・。


これは誰かの陰謀か???
2008-07-17 Thu 10:27 | URL | 文葉 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。