アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
おめでとう
2010-01-31 Sun 00:11
jun20101

Jun20102
今年の最初は、もちろん、私のかわいいJくんの笑顔で、ね。





こんにちは、とってもご無沙汰しました。

1月も最後の日だというのに新年のご挨拶だなんて、ごめんなさい。

謹賀新年 ! 

A Happy New Year !  

Bonne Annee !


(↑謹賀とタイプしたら、「菌が」と変換されて、いま、一人で受けまくっています。
ナンの菌だろう・・・) 

でもね、ホントの「おめでとう」は、私のアレックスへ。

alex20100131

お誕生日、おめでとう !

そうです。彼は今日、二十歳になりました。
二十歳ですよ、二十歳。人間でいうと140歳かな。
1990年1月31日生まれですから、間違いなく二十歳です。
飛行機でアメリカやフランス、金沢、クルマでも伊豆や金沢、能登などなどと
ママの都合で振り回されちゃって。
それでも、ママに心配かけないように、病気ひとつしないで。
友人たちは、「アレックスに感謝しなくちゃ。アンリ一人だとどこに行くかわかんないんだもん。
さすがに年老いた彼を二度と飛行機には乗せないでしょうに」と異口同音。
そうだね、だいじょうぶだよ、心配いらないからね。

ただ、長く留守をするとき、動物病院に預けるたびに、どことなく覚悟しながら別れるのが辛い。
頭部にできた老人(老猫?)性腫瘍が痛々しい。
高齢だから麻酔による切開は無理だから
毎日、軟膏を塗ってあげるんだけれど、
それはそれはきれい好きなアレックスだから、
すぐ手で舐めちゃう。
仕方ないよね。





先日、親友から電話。

R 「アンリちゃん、夕べ私、アンリちゃんに電話したんだけど、何を話したか覚えてないの。やばいよぉ」
A 「えっ、電話くれたの?」

二人 「…」

焦った私は着信履歴を確認。ホントだぁ、電話くれたんだぁ。
でも、私も何を話したのか覚えていない。というか、電話がかかってきた記憶さえない。

「あはは、二人とも内容を覚えてなくて、正解、正解!」
って、いったい私たちは何を会話したんだい?

ねっ、お互い、深酔いはほどほどんにしようぜ。





7年?ぶりに始めたゴルフ。快調です。
が、グリップが弱くなったのか、掌に豆、豆、豆。
練習場では、お願いもしないのに、周囲のオジサマたちが教えてくださいます。
が、皆、アドバイスが一様に違う!
どうしたらいいの。





今年になってなるべく歩くようになりました。
ジムのマシーンでも信じられないくらい歩いています。
あっ、走りはダメ。胸が小さくなるから(笑)。
で、「普段、どのくらい歩くようになったんですか?」と聞かれ
「ヒルズからミッドタウンまでよ」と得意げに答えました。
周囲はいろんな意味でびびっています。血迷ったのかと。うるさい!





「私は法定速度で走行しています」と掲げたトラックの後ろを走るのが嫌いです。





ジムのインストラクターの若くてかわいいWちゃんから、
「どうしたらアンリさんみたいになれるんでしょうか?」
と突然、質問されたので、
「私の年齢になればいいのよん」と答えました。

Wちゃん 「・・・」

友人たちにその話をしたら、
「おっかしんじゃね~の、そんな問題じゃないんだよぉ」
「どこまでもおバカだよねぇ」
「年齢に関係なく、めちゃくちゃかっこいいことを忘れないでね」
と、お叱りとお褒めの言葉をいただきました。

こんなこと、自分で書くとバカみたいだけど、
私に憧れてくれて、ありがと。





re

とあるマンションのエレベーター内で見て、思わず吹き出した張り紙。
「恐ろしいことになる」って・・・





今年は元旦からトンでもないことが勃発。
大きな変化の一年になりそうです。
いや、そうしなくちゃいけないの。
時間を見つけたら、アップするようにしますので、
よろしかったら飽きずに遊びに来てくださいね。
輝く一年でありますように。

びずびず。

アンリ

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0
| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。