アンリが魅了された世界の街角。 見知らぬ時空間をご一緒に旅しましょ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ヤンキーな私
2009-02-23 Mon 13:56
dj

シガー・バーにて。
ダック・ジャニエル(うん?笑)とロミオ・イ・ジュリエッタ・ショートチャーチル。
シガーが似合う男性が好きです。



お仕事中、アカデミー賞授賞式を見てしまいました。

・・・

きゃ、歌って踊れるヒュー・ジャックマン、かっこいい。

・・・

いえ、「おくりびと」「つみきのいえ」、オスカー受賞おめでとうございます。
主演賞受賞のケイト・ウィンスレットとショーン・ペンのスピーチ、感動でした。





先日、親友をクルマに乗せて赤坂から渋谷までショート・ドライブ。
「相変わらずヤンキーな運転やなぁ」とお褒めの言葉をいただきました。
ヤ、ヤンキー? こ、この私が? ふ、不良? 見てろよ。
ふふふ。やつはクルマを降りた途端にめまいや吐き気を覚えたに違いない。

わかっていますって、頷いている人が何人かいることを。



そうそう、クルマのお話。
もうすぐ走行距離14万キロに達するわが愛車。
もしこのまま日本にいることになると、買い替えの必要が…。
そんな話を友人としていて…
「やっぱり次は、エロ、いえ、エコ・カーかなぁ」
「飛ばせなくなりますよ」
「飛ばせないと欲求不満でクルマを乗り捨ててメトロに乗るようになるかもよん。進歩でしょ」
「いや、それより引きこもりが心配です」

ぴんぽ~ん。かわいいやつ、私のことを深~く理解しているぅ。





最近、「食べたいものを貪欲に食べよう」とのスローガンのもと、食べまくっております。
まぁ、ほぼ100%外食の私だから仕方がないけれど。
うふっ、一番食べたかったのが、しゃぶしゃぶ。
この霜降りの黒毛和牛、最高。

ss

お寿司に焼肉、あそこのラーメン、マッ○のシャカシャカ○キンも忘れていません。
極めつけは、7年ぶりに行った台湾料理店。
7年ぶりだよん、懐かしい。なによりもお店がつぶれていなかったことがうれしくて。
それまでは毎月のように通いつめていました。
お気に入りのメニューを次々にオーダー。味も雰囲気も変わっていない。胸、きゅん。
人気メニューで検索するとこのお店の名前がきっと出てくるので詳細は書きませんが、
決しておしゃれなお店じゃないけれど、ここは大切な人と行きたい特別な場所。

明日はあのイタリアンかな(笑)。
例のすき焼きも食べたいな。
Yちゃんの割烹にも行きたいよぉ。

あっ、先日、Fちゃんから「好き嫌い」を聞かれました。
もう一度、お伝えしますね。うなぎ、あなご、どじょうがダメです。

ちなみに毎日こんなにしっかり食べていますが、
スリムをキープしていま~す(た、たぶん、胸以外は・・・、ぷっ)。
こう書くと、意地でも太れないもんね。



あ~、ヒュー・ジャックマン、かっこいい~。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:14 | トラックバック:0
卵かけゴハン in Paris
2009-02-12 Thu 14:49
1

2

帰国したら、もう春!(Photo by Yちゃん@夕べ届きました)



最近は、米ドラマ『SHARK カリスマ敏腕検察官』が好きです。
そして、『サマンサ Who?』にもはまっています。

記憶喪失になったサマンサが、過去の性格悪~な自分を少しずつ思い出しながら
「なにぃ?こりゃいかん」と、新しい自分に生まれ変わっていく(うん、なるのかなぁ・・・?)
というストーリー。

う~ん、消えてほしい記憶はある。
それが今の私を苦しめているのは確か。
リセットできるのなら、それは楽に決まっている。
でも、過去を含めて、すべてが私だから・・・
やっぱり記憶は失いたくないかな。





いつもクルマで走行しているとある場所に
○ィ○ト○ア・○ル○の新店舗が誕生していました。
その場所って、以前はなんだったんだろう、と思いながらも(まぢでなんだったっけ?)
「そうだ、今年は6年ぶりにゴルフを再開しよう」と軽~く決心。
さっと身支度をして、一番近いゴルフ練習場に行ったら
さ、さ、さ、さ、さ・・・
更地になっていた。
年始まではあったのに・・・。思わず、あぜ~ん。

お隣りのコンビニに行ったら、オニイサンに
「お久しぶり。お帰りなさ~い」と言われました。
はぁ?なにも言っていないのに、お帰りなさいって・・・。思わず、ぽか~ん。
たった1ヵ月、1ヵ月だよ。私は浦島太郎子なの?
というより、私、ほとんどここにいないのに。
(ここのコンビニとのストーリーは本1冊書けます。笑)





帰国して、さっそくお寿司に付き合ってくれた友よ。私たち、食べすぎだってばぁ。
あっ、それより、板さん、ご迷惑をおかけしましたっ。
シャンティを贈ってくれた友よ。その音色に、癒されたよ、泣・け・た・よ。
夕べ1時間も意味不明な電話に付き合ってくれた友よ。やさしい笑い声を、あ・り・が・と。
音信不通の友よ。私はいつもここに、い・る・よ。
書き出したら、霧の摩周湖(めちゃくちゃ古いやん)、じゃなくて、キリがない・・・

明日からも怒涛の2月、3月。
ご、ごめんね、予定びっしり。
えっ、ヴァレンタイン?関係ないしぃ。チョコなんて期待しないでね。





シャンゼリゼ大通りからジョルジュ・サンク通りへと曲がる。
ヴィトン本店、ケンゾーの隣りにあるカフェ&バー&レストラン。

「Bound」

今回、通いつめました。

以前から私にとってはハッピー・スポットだったんだけど
今回も新たな出会いが。

ここ、入り口の割には想像を超えるほどに店内が広いの。
それでも夜も8時、9時を回ると、もう満席。ところによっては立ち飲み状態。
で、ずっとずっと奥にお進みいただくと、そこには、あらまぁ、寿司バーが。
なにげなく座ったら、「どうも、こんばんはぁ」って。
わっ、日本人男性だぁ。
「タクマといいます」

4

はい、タクマくんで~す。
アメリカでの修行経験が長い。
何年も昔、同じ時期にアメリカのある街でニアミスしていることに感動して、
もう二人でアメリカ話に盛り上がっちゃって・・・
あのぉ、もしもし、オーダー入ってますが、
お仕事はよろしいのですか、タクマくん。
「いいんですよ、放っておけば」
って、お~い。
中尾彬さんのものまねが上手い!
え~っと、2歳の女の子のパパだったよね。まだ若いんだよ(撮影が下手でごめんなさい)。
最近、体調を壊して、動きがチト鈍いんだって。詳細は省略。

と~~~~~ても仲良くなっちゃったから、
「何でも好きなものを作ってあげますよ。遠慮なく言ってください」って。
「えっ、メニューにないものも?」
「もちろん!」
完全なるマイ・シェフ状態。感激。
お寿司が食べたいけれど、帰国すれば食べられるし・・・
考えた挙句に私がオーダーしたものは、
な、なんと「卵かけゴハン!」。
だって、普段、卵は買わないし、ゴハンは炊かないし。
滅多に食せない一品。

「そんなものでいいんですか?というか、そんなものを頼むのはアンリさんぐらいですよ」
って、タクマくんからもマリコちゃんからも笑われちゃって・・・

酢飯+生卵+だし汁=もう、最高。ご、ごめん、撮影忘れたの。

そのほかにも・・・
大根のおでん(ポイントは柚子胡椒つき)、
タクマ特性のマグロのアボガド巻き(う~ん、芸術品)、などなど。
日本酒も揃っています。

5

6

7

こってりとサービスを受けちゃって、
またまたこんなにも心地いい場所がパリにあった!
「また来るからねぇ」。

みんなも行ってあげてね(私の名前を出すとサービスしてくれます)。



そうそう、去年9月からパリで暮らし始めたマリコちゃん。
大阪出身。めちゃかわいい。
パリでの奮闘記を時折メールで報告してくれていたの。
到着早々、別送した荷物が届かなかったこと。
結局、いまだに手元に届いていないという。
出発前に契約していたアパルトマンがとんでもない物件だったこと。
とても住めないと、今のアパルトマンを一人で見つけたんだよ。
言葉も通じない見知らぬ街で、きっと想像以上につらかったんだろうな。
うんうん、がんばったよね。思い切り抱きしめてあげました。

8

今回、「パリにいるよぉ」ってメールしたら、
「街角で見つちゃいますからねぇ」って。
いくら狭いパリの街だからって、見つかるわけないじゃないのよぉ。
と思ったら、発見されちゃいました。
うふっ、感動。
あいかわらずのパンチの効いた関西弁が心地よかったなぁ。
昨日届いたメール。「お会いできたから、私もパリで楽しく元気に暮らせそうです」って。
いつも、どこにいても応援しているからね。





おまけは、猫にゃんず(by Yちゃん)。

8

別窓 | 未分類 | コメント:12 | トラックバック:0
ウーマン・イン・ブラック
2009-02-01 Sun 19:13
tr2

うん、だ、誰、そこの二人のダンシング・クイーンは? (ピンボケなんだもん)


tr1

おぉ、ブラック・ヘアーに身を包んだタマラではありませぬか。
私の真似だなんて、あのぉ、遥かに似合っているのですが。眩しい~。
ルビーのその金髪も最高よ。

って、私? うふっ、どんなウィッグにしたのかは、内緒!



タマラとショッピングを楽しむ午後。
チラッと立ち寄ったランジェリー・ショップ。
「きゃ~、セクシー」とか「あ~ん、かわいい」とか叫びながら、
お揃いのナイティを買ってしまいました。
ハイ、タマラとお揃いです。なにかヘンですか?やっぱりヘンだよねえ。
しかも、15ユーロというお値段にも笑っちゃいます。

「これで、毎晩、お互いの夢を見ようね」って
私たち、リセエンヌかい。

いいの、いいの、タマラにはそのナイティ姿を見せる彼がいるから・・・
わ、私には・・・

あっ、いた、そうだ、アレックスがいた。
彼だけだもんね、私のそんな姿を見ることができるのは(というか、見てくれるのは)。
贅沢ものめぇ。

ということで、アレックスの19歳のお誕生日のプレゼントは
私の15ユーロの黒のナイティということで、ね。
あいあい、スペシャルな猫缶と血合い抜き高級鰹節と筋なしささみもつけるから。
待っててね。



別窓 | 未分類 | コメント:12 | トラックバック:0
| 旅@anrianrianri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。